中間アヤカ


1992年別府生まれ、神戸在住。ダンサー。Rambert School of Ballet and Contemporary Dance(ロンドン)を卒業後、「国内ダンス留学@神戸」1期に奨学生として参加、ダンサー奨励賞受賞。近年では黒沢美香、木村玲奈、contact Gonzo、チェルフィッチュ等の作品に出演する傍ら、自身の作品制作も行う。最新作の中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』は2019年にArtTheater dB Kobe(神戸)にて初演後、Bridge Dance Festival(シカゴ)、TPAM国際舞台芸術ミーティングin横浜2020、KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭、クンステン・フェスティバル・デザール(ブリュッセル)で再演を重ねる。誰かや何かに振り付けられる身体にこだわりを持ち、ダンスとしか呼ぶことのできない現象を追い求めている。2018年度よりDANCE BOXアソシエイト・アーティスト。

 

Ayaka Nakama is a Japanese dancer and dance maker. Trained at Rambert School of Ballet and Contemporary dance (London, UK) before continuing her studies as a scholarship student at dB Academy (Kobe, Japan) in 2012.
After graduating with Dancer Award, she has worked with Mika Kurosawa, Reina Kimura, Toshiki Okada (Chelfitsch), contact Gonzo and many others. In 2018 she became an associate artist of DANCE BOX.